フォトスタジオの無料写真素材 g_s

生地と言うのは糸の集合で成り立っている物であり、それをどんな材質で、またどの様な織り方で作り上げるかでそのマテリアルの持つ質感や雰囲気は大きく変わってきます。基本的には繊維の数が多く、製造工程が複雑なほど、更にプリントなどでは色の種類が豊富な程、クオリティーは増して行き、高級感のある物に仕上がると言えるでしょう。広告媒体に於いて重要な事は、まずその画像から何を訴えかけ大きな購買力に繋げるかでその選択肢を誤ると印象の薄い宣伝で終わってしまいます。一般的には肌触りや着心地を重視する場合、キメの細かな重厚感が画像に必要となり、そうなるとチープなもので代用するのは不可能と言えるでしょう。撮影方法も生地の質感をリアルに浮き立たせるために斜めからクローズアップしたり一点にピントを合わせて周りをぼかしたりとあらゆる手法で主役とのコンビネーションを図らなければなりません。商品と機材、またそれを操る技術力とのバランスが大変重要です。

The picture of the different viewpoint