フォトスタジオの無料写真素材 igm

サテンの光沢をリアリスティックに描写するのは難しく、その光り具合が強くても弱くても質感の表現が出来ません。従って照射時の光質の裏漉しに当たるディフューザーを使って、柔らかいライティングを心掛けます。更に、ポジションの調整も細部に亘って入念に行い、花の突出した部分を滑らかに照らし、立体のフォルムに丸みを持たせることによって、奥にこもらせた様な映像そのものに深みを感じさせる演出が必要となります。

Colorful brightness fills up the space