フォトスタジオの無料写真素材 imy

リボンには様々な種類があり、その特徴は一様ではないのですが、今回被写体となった物の材質はかなりハリのあるもので有ったる為、画像には隠れて見えない部分にピンや粘着材料を用いてなだらかなドレープを作る工夫が必要になりました。撮影の1ショットごとに映像を確認し、客観的な立場から全体のバランスを観察することによって、着実に仕上がりに近づく実感を持ちながら作業を遂行します。ディスプレイワークフローは常に冷静な判断の元、根気よく地道な仕事の繰り返しであることを念頭におく必要があります。

It makes up for a fault and changes it into a good point