フォトスタジオの無料写真素材 nyq

繊維を扱う時の最大の注意点は、撮影時には欠かせないアイロンの使い方と言えます。自然マテリアルはまず問題ないと言えるのですが、昨今は化繊でも麻や綿と区別が付かない物もあるのでその表示には細心の注意を払わなければなりません。又、生地に限らず宝石にも熱や光に非常に弱いものがあり、その中でもオパールや真珠などは亀裂が入ったり、変色したりする場合があるのでライティングの仕方、特に定常照射では慎重に扱う必要があります。何れにしてもあらゆる意味で商品の特性を充分に認識することが重要と言えるでしょう。

Cloth with the attraction to dance in a soft breeze