フォトスタジオの無料写真素材 ni

カメラフィルムを思わせる様なサイドの模様がユニークな商品ですが、リボンを見せるのではなく、柄の配置に焦点を当て画像とした物です。最も効率の良い模様の見せ方は意図して作り上げるのではなく、生地の特性を活かしてランダムにばら撒く事と言えるのではないでしょうか。何かを強調したい場合、その一点に集中して創作を遂行させると必ず途中で行き詰まり視点がぼやけてしまう時があります。必ず全体を見渡して主役以外のキャスティングに注目する必要があるでしょう。

The expression of the motif which high-quality cloth forms