フォトスタジオの無料写真素材 sm

幅、厚み 、長さ、柔軟性といった構成要素によって生地への表情作りは大きく変わる。不敵な感じを作るには嫋やかすぎずある程度のボリュームを持ったものが必要でしょう。逆に繊細な雰囲気を演出するには前述とは反対の材質が必要で、そのマテリアルの持つキャラクターによって、自ずとエクスプレッションワークフローは制限されてくる。下記に掲載掲載の作品は後者に属する代表的なものであり、滑らかなカーブを描きブリリアントなモチーフを散りばめたリオンは、独自の動きを持つことで空間を埋め尽くし存在感をアピールしているかのようだ。レンブラント・ライティング(下記※参照)を活用することによって指向性を示すスペキュラーな輝度との相互の関係によって、その肖像は平面体への描写に於けるからくりに気がつかないでだろう。 

Hide a fault of the material well

           

                                                                                                                                                                                                                                                                   

※ 17世にアムステルダムで活躍した偉大な画家であるが、当時では若干の異端的な存在であったらしい。その時代の他の画家の傾向は主題を特化し、それを繰り返すことに意味を持たせていたようだが、彼は静物画を除くあらゆる画種を手掛けた。その上、ルネサンス以来の正統派と言われる分野である構想画に最も興味を抱いたようだ。晩年は絵の具を厚く盛り上げ、煌きを被写体自体に求める絵肌の創造が課題となっていたようだが、生涯を通して象徴的な技法として挙げられるのが斜め後ろからの光の照射によってシルエットとなった比較的ローキーなさイメージの絵画を制作した芸術家であったようだ。(文責:フォトスタジオ 無料写真素材)