フォトスタジオの無料写真素材 yi

被写体のドレープ性に特徴がある為、円を描く様になだらかな曲線の美しさの表現を基本スタンスに置き、それを執拗に繰り返すことによって立体を組み立てようと試みた。生地の風合いをメインにデコレートするケースでは、複雑な様相を呈してしまうと、その質感が本来のキャラクターとして直感的ではなく、遠まわしなビジュアルエクスプレションと成りかねない。あくまで目に優しくシンプルなフォルムの形成を念頭に置き、人間の視認の機能を本能的に感じとることがディスプレイのベーシックな捉え方ではないか。そんな事を思わせた撮影経験であった。

It leads to taste full of dignity