フォトスタジオの無料写真素材 yq

「曲線の表情の追求」といったタイトルが相応しいモチーフを使用し写真素材としました。からみ合う階層をもったアイテムファクターが織り成すフォルムを主要なコンセプトテーマとしディスプレイに挑戦したのですが、ブレードの僅かな形状復元力を逆手にとって上手く活用するように心掛けました。そうすることによって、立体性をもった柔和な雰囲気を持たせることが出来、更には淡い落ち着いたカラーによって総合的に機能し、柔らかでシックなインプレッションの表現が出来ると考えました。デコレーションアーティストは体感的に得た情報を如何に整理し、その発展の可能性を見出すことに有るのではないでしょうか。

I catch innumerable gleam and give dignity