動物を表現する

いつも不思議に思うのはポスターやカレンダーと世の中に動物の画像は溢れんばかりに存在するのに、人間の手によって見事に魅力を破壊されている物が非常に多いと言う事である。私だけの見解かもしれないが、その容姿や行動に魅了される所以は、人間には絶対不可能な正直さや素直さが感じられるからと考える。であるにも関わらず、何故わざわざ犬やネコにとってはアンバランスな装飾と共に画像に収めるのだろうか。カゴの中に無理やり押し込めてみたり、傘を差しかけてみたり、取ってつけたようにスカーフを巻いてみたりと何とも彼らには不釣合いな奇妙な光景が繰り広げられている。自然に咲く野の花の中で、心地よい風に吹かれて自由気ままに走り回る姿、虫を不思議そうに見る姿や野草を興味深く匂う姿を影からやっとの思いで捉えて、初めてその偉大な生き物の姿を表現できるのではないだろうか。