商品価値の位置付け

消費者にとって、その商品が如何に価値の高い物であるかの裏付けをどの部分で察知するかと言う事が、広告を作る側にとって大変重要な課題になるのですが、それは必ずしもその物品自体の品質にのみ注目すべき事柄ではありません。衣料品にしても食料品にしても、或いは電気製品や日常雑貨に於いてもそれを販売する会社自体のイメージというものがその購買力に大きく影響を及ぼすことを忘れてはならないのです。買う側にしてみれば「これはおいしいですよ」とか「どこよりも安い」とか、ことば巧みに宣伝をされても中々それを鵜呑みには出来ず、初めて見る商品に対してあまりに唐突に売り込まれると、むしろ後ずさりしてしまいがちなのではないでしょうか。何を置いても企業としての安定感と信頼性が物を云い、そのバックグラウンドがあってはじめて素直にその価値を認める事が出来るのではないでしょうか。従って、広告媒体に於ける表現方法も他社製品との表面的な競争に打ち勝つためだけのものに終始することなく、適正で誠実なイメージを与えるような表現を基本とするのが結果的には大きな発展に繋がると言えるのではないでしょうか。。